状態異常を活用しよう
プレイヤーや敵モンスターのアビリティの中には、状態異常を引き起こすものが存在します。
状態異常によって戦況が大きく変わることもあります。
状態異常は一定時間経過、クエストクリア、クレリックのアビリティ、ユニゾンスキルなどで回復します。

【状態異常の効果】
●毒
毒にかかると、一定時間ごとに現在HPの一定割合のダメージを受けます。
※与えられるダメージには上限値があり、上限値は重ねがけすることによって上昇いたします。
毒ダメージはアビリティなどによって軽減できません。

●麻痺
麻痺にかかると一定確率でアビリティの発動がキャンセルされます。
発動がキャンセルされた場合は、アビリティコストは消費されません。

●混乱
混乱にかかると一定確率でアビリティの効果が「混乱回復」か「混乱攻撃」になります。
混乱回復では敵を回復し、混乱攻撃では味方を攻撃してしまいます。
アビリティが正常に発動しなかった場合でも、一定値のアビリティコストが消費されます。

●ユニゾン禁止
ユニゾン禁止にかかると、ユニゾンゲージがたまっているときでもユニゾンが発動できなくなります。
敵モンスターには効果はありません。

●暗闇
暗闇にかかると攻撃、魔法攻撃の命中率が下がります。

●呪い
呪いにかかっている間は、回復アビリティやユニゾンを使用しても、HPは回復しません。

●出血
出血にかかると、一定時間ごとに現在HPの一定割合の毒より強力なダメージを受けます。
※与えられるダメージには上限値があり、上限値は重ねがけすることによって上昇いたします。
出血ダメージはアビリティなどによって軽減できません。

●不信
不信にかかると、ユニゾンゲージが上昇するアビリティを使用した際に、ユニゾンゲージ上昇分だけユニゾンゲージが減少します。
(ブレイクボーナスでのユニゾンゲージ上昇や、被ダメージでのユニゾンゲージ上昇は対象外です)

●精神汚染
設定しているアビリティの中から1個または2個(確率により変動)のアビリティが一定時間使用不可能になります。
精神汚染で使用不可となるアビリティは2個までとなります。
精神汚染を重ね掛けをすると、すでに使用不可となっているアビリティの使用不可時間が延長もしくは、使用不可アビリティの追加となります。

●スタン
スタンにかかると、1回アビリティを発動することができなくなります。
敵NPCの場合はスタン発動後に実行するアビリティの効果が発動しません。
プレイヤーの場合は次回タップしたアビリティの発動がキャンセルされます。その場合、アビリティコストは消費されません。
スタンの耐性はバトル中スタンにかかるたびに上昇します。
上昇した耐性はクエスト終了後には引き継がれません。

●プレッシャー
生存しているプレイヤーと交代出来なくなります。
交代中にこの効果を受けた場合は交代がキャンセルされます。
既に死亡状態になっているユーザーとの交代を制限する事は出来ません。
プレッシャーは「リフレッシュオール」等の状態異常解除効果によって解除することができません(経過時間によって解除されます)。

●魅了
効果対象者のユニゾンゲージ上昇が魅了使用者に対して付与されます。
既に魅了状態のユーザーに対して新しく魅了状態を付与する事は出来ません。



敵が使用するアビリティやユニゾン効果の中には、通常の状態異常とは異なり、より強力な状態異常を引き起こすものが存在します。
状態異常耐性上昇/低下の効果は通常の状態異常と同様に適用されます。

以下の特殊な状態異常は「リフレッシュオール」等の状態異常解除効果によって解除することができません(経過時間や専用の解除効果によってのみ解除されます)
以下の効果はプレイヤーにのみ発動する効果となります。

【特殊な状態異常の効果】
●瘴気
・一定時間ごとに最大HPの一定割合のダメージを受ける
・自身の状態異常耐性を50低下

●灼熱
・アビリティ使用時、自身の最大HPに対して一定割合のダメージを受ける
・自身のメイン装備スキル発動確率を30%低下

●凍結
・アビリティを使用した際、一定確率でアビリティの発動をキャンセル
※発動がキャンセルされた場合は、アビリティコストは消費されません。
・凍結付与時に麻痺状態の場合は、麻痺状態が解除
・自身の物理攻撃力、魔法攻撃力を50%減少

●眠り
・アビリティを使用した際、一定確率でアビリティの発動をキャンセル(コストを使用)
・一定時間が経過する、眠り状態時に消費コストが一定値を超える、アビリティでのダメージを受ける事で解除
・眠り付与時に暗闇・精神汚染状態の場合は、暗闇・精神汚染状態を解除
・自身の受けるアビリティ威力を50上昇

●拒絶
・コスト回復、ユニゾンゲージ上昇、攻撃アビリティ使用した際に発生するHP回復を無効化
・拒絶付与時に不信・呪い状態の場合、不信・呪い状態を解除
・自身に付与されているバフ効果、特殊バフ効果を解除

●狂気
・アビリティを選択して使用することが不可。5秒毎に使用可能なアビリティをランダムで発動。
・一定確率でアビリティの発動がキャンセルされ、「狂気行動:攻撃」「狂気行動:補助」「狂気行動:回復」「狂気行動:妨害」のいずれかを発動
・狂気付与時、混乱状態の場合、混乱状態を解除